06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

べる一家のゆっくり黒い砂漠。

SS貼っつけるだけの超ゆっくりぷれい日記。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

ガンランスの攻撃方法 

蝶のように舞い、蜂のように刺し、竜の如く撃つのだよ。 
(とあるガンサーの言葉)

モハメド・アリのパクりですが実にうまい事いったもんですねw
竜撃砲は竜を撃つ砲撃という意味ではなく、竜のブレスの如く撃つ砲撃だと気付かされます。
そう意識して竜撃砲を撃つと、ドヤ顔にもなるってもんですね。オレは断じてなってませんが!!
では早速、竜撃砲竜撃砲といっておきながら・・・

第3回。「突き」

ガンランスの攻撃方法は、砲撃」 と、「突き」と、まったく異なる性質を持った2つの要素から
成り立っている。砲撃と区別して呼ぶ為にその他の攻撃を「突き」と表現しているが、
実は突くというより、斬る。つまりは斬撃に近いものも多い。攻撃方法として完全に「突き」
に特化したランスとの大きな違いは砲撃の有無もさることながら、砲撃以外の独特な攻撃モーション
にもあると言える。突きに特化したランスは、その攻撃に斬系統と打撃系統の両方を併せ持つが、
砲撃を放つ為の特殊な構造をしたガンランスにはその性質はなく、斬系統のみとなっている。

「突き」の種類は5種。威力の高い順に、

踏み込み突き>斬り上げ>横薙ぎ>上方突き>前方突き

となっている。(厳密に言うと横薙ぎから派生する連撃砲には薙ぎ払いの攻撃も含まれるので6種)

踏み込み突きは、納槍した状態から移動中にスティック↑を入力する
いわゆる武器出し攻撃と、抜槍状態からスティック↑でも出すことが出来る。
軽く走るように踏み込み、その勢いを利用して下方向から斜め上方向にむけて斬り上げる攻撃である。
踏み込み突きからは、前方突き。砲撃。ステップのいずれかに派生させることが出来る。
全突き攻撃中スーパーアーマー(以下SA)状態がもっとも長く、威力も高い為利用価値は高い。
また、抜槍時に緊急回避が出来ないガンランスでは踏み込み突きの「走る」特性を利用してモンスターの
攻撃を避ける手段にも用いられる。(無敵時間があるわけではないので注意)

斬り上げは、その名の通り真上方向に向けて斬り上げる攻撃である。
スティック↓で出すことが出来る。真上に斬り上げる際、左斜め下方向から真上に向かって斬り上げるのだが
左方向にかなり大きな攻撃判定がある。左方向に味方がいた場合はなるべく当たらない位置で出すことを
心がけたい。しかしながらこの、左方向への広い攻撃判定を意識する事で、たとえ狙いたい部位が真上でなくとも
斬り上げを使う機会が多くあることに気付く。踏み込み突きに次いで威力も高く、わずかではあるがSAも
ある為使い所は非常に多い。
斬り上げからは、上方突き。砲撃。ステップのいずれかに派生させることが出来る。

横薙ぎは、抜槍状態からは出すことが出来ず、納槍時移動中に
スティック↓で武器出し攻撃として繰り出す事が出来る。
前方約180度に向けてガンランスを左から右方向に薙ぎ払う攻撃である。
非常に攻撃範囲は広いが、逆に狙った部位に当てることは難しい。派生も、連撃砲。ステップのみなので
連撃砲を放つ時以外は、踏み込み突きを使った方が攻撃の選択肢も多いので無難であると言える。
まだこの攻撃方法が編み出されて間もないため改良の余地はあるかも知れないが、現時点では扱いづらい
攻撃としての位置づけとなっている。

上方突きは、斬り上げ後スティック↑またはガード中に
スティック↑で出す事が出来る。別名ガード突きとも呼ばれ、斜め上方向に素早い
突きを繰り出し、すぐさまガード状態に移行することができる。
タイミングはややシビアだが、連続でスティック入力を行うことで、3回まで連続突きが出来る。
慣れれば、ほぼ前方突きと同じ速さで連続突きを出すこともできる。また、斬り上げや、砲撃、ステップ
にも繋げることができ、攻撃後すぐさまガードが出来るので、非常に優秀な攻撃方法である。
ランスにもガード突きはあるがその性能の差は比較の対象ではない。

前方突きは、地面と水平に真っ直ぐ突く攻撃である。
威力は低いが全攻撃中もっとも速く突くことができる。連続で3回まで繰り出す事ができ、3回目のみ
威力が高くなる。(横薙ぎと同等の威力)だが、スピードは速いものの、SAはほぼ皆無のため、モンスターの
わずかな足踏みでさえ怯んでしまう事から、獲物の動きを拘束している時以外は3連続で出すことはあまりない。
状況にも左右されるが、基本は前方突きと斬り上げを織り交ぜながら立ち回ったほうが手数は増える場合が多い。
前方突きからは、斬り上げ。砲撃。ステップのいずれかに派生することができる。
また、前方突きは攻撃モーション中の攻撃判定時間が短いため、次にとるアクションの受付時間が
長い。素早く次の攻撃を出すことも出来れば、ディレイをかけてステップで回避したり、SAの割と長い
斬り上げに繋げたりと、前方突きの使い所次第で立ち回りの幅を広げることができる。


補足:ステップからは前方突きと、斬り上げに派生することが出来る。また、ステップから斬り上げを出す場合、
   攻撃コマンドがリロードと同じスティック↓なので装填数がMAXでないと強制的にリロードして
   しまう。それを避けるため、キー設定で斬り上げ、リロードとを別のコマンドにすることを推奨する。
スポンサーサイト

Category: ヘタレの妄想銃槍論

Tag: ドヤ顔 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://belljudygunlunce.blog98.fc2.com/tb.php/29-c7dec066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。